ペインクリニックとは

多様な痛みに多彩な治療法で立ち向かう
 

「ペインクリニック」は痛みの原因となる疾患に対し、おもに神経ブロックを用いて診断と治療を行うところです。

 

当院では腰痛・頚肩腕痛・頭痛・関節痛・帯状疱疹関連痛などを治療対象としています。

 

痛みの原因はさまざま

たとえば腰痛。「腰の痛み」とひとくちに言っても患者さんにより痛みの発生源は異なります。

 

ひとりの患者さんが複数の痛みの要素を持つこともまれではありません。

 

同じ患者さんでも時間の経過とともに痛みの原因部位が変わることもあります。

 

このように多様な痛みを和らげるためには複数の治療手段が必要です。

 

患者さんの病状・経過により最適な治療を選択しなければなりません。

 

ペインクリニックでは神経ブロック療法薬物療法を組み合わせて痛みの治療を行います。

 

神経ブロックには多くの種類があり、通常の方法に加えレントゲン透視(写真1)や超音波(エコー)診断装置(写真2)を用いて正確な位置に針を進める手技も導入されています。

 

薬物療法では、単純な「痛み止め」だけではなく鎮痛補助薬として多くのクスリが使われます。

 

近年、慢性痛に有効な薬剤がつぎつぎに保険適応となり薬物療法の選択肢も増えてきました。

 

痛み治療の専門家として、多くの治療法の中から患者さんひとりひとりに最適な治療を実行していくのがペインクリニックの仕事です。

写真1

写真2